IMAG0251

近所のモールに日用品を買いに行ったところ、ゲーセンから強いプレッシャーを感じました。
そこには『スター・ウォーズ:バトルポッド』なるものが!
フォースに導かれ、奥さんに2ドルをせびって、懇願して、戦いに参加したのでした。




IMAG0265
外観からして異様なプレッシャーを放つ筐体。

IMAG0262
透明の扉を開けると、コックピットの前面に設置された半円形の巨大スクリーンが!
プロジェクターで投影されているようです。


IMAG0252
今まさにデス・スターがスーパーレーザーを発射しようとしているところ!
これはマズイ。
俺がやらずして誰がやる!



IMAG0269
早速コックピットに乗り込み、握りしめて汗まみれになった2ドルを投入します。


IMAG0275
やべー。
かっけー。
デス・スターの中心を破壊するのが任務です。



IMAG0283

うっひゃー!


IMAG0284
どっひゃー!




....と、いうわけで、僕はデス・スター破壊に失敗。
デス・スターのスーパーレーザーでエンドアが破壊された模様。
なんか、母艦からの報告がいかにもガッカリといった感じの声色で、申し訳ない感に苛まれました。


プレイ後は頭がぐるぐるして宇宙酔い状態でした。

こちら、PVです。
 




ちなみにこのバトルポッド、個人向けに売ってるんですね!
SWBattlePod-610

お値段456万円!